上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
[国内vs海外 アンケートサイト比較 単価編] by お小遣いを稼ぎタイ
初心者でも手軽にネットで稼げる情報を発信していきます。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年07月11日 (土) | 編集 |
ss1.jpg

国内アンケートサイト1週間分「単価」ランキングTOP7!


 1位 アンとケイト 1週間の合計単価180円!
  国内アンケートサイト1週間分の合計単価TOP1は、「アンとケイト」が合計金額180円で1位!火曜日と金曜日に本アンケートが配信されたのが大きかったです。
  2位 リサーチパネル 合計金額167円!
  2位のリサーチパネルは100円や50円の本アンケートが惜しげもなく配信されるので稼ぎやすいサイトです。ただ1配信毎のアンケートは時間が長くて手軽でないところはデメリットだと思います。!
 3位 infoQ 合計金額99円!
 新規モニター登録 3位は合計金額99円を記録したinfoQほとんど配信数の数で押し切ったような記録です。大量の配信の中には本アンケートも少しありました。
 4位 マクロミル 合計金額60円
 マクロミルへ登録 4位は合計金額「60円を記録したマクロミルこの週では本アンケートが一切こなかったので合計60円稼いだのみで非常にさびしい結果となりましたw
 5位 ライフメディア 合計金額25円
 ライフメディアへ登録 5位は合計金額25円のライフメディアこちらも本アンケート配信はなく、1Lpが25配信されたので25円というさびしい結果になりました。
 6位 キューモニター 合計金額17円
  この週のキューモニターは調子悪すぎです。まさか低単価アンケートしかこないとは…。とはいえ結果は結果、4配信で17円でした。
 7位 アイリサーチ 合計金額10円
 
 7位は合計金額10円のアイリサーチ、本アンケートがあまりこないので低単価のみでした。これでは10円もやむなし。

国内TOP3は「アンとケイト」、「リサーチパネル」、「infoQ」
個人的にはリサーチパネルが1位かと思いましたがまさかのアンとケイト大健闘w

※あくまでこの結果は6月14日~6月20日までの1週間のデータです。
週ごとに高単価アンケートの配信タイミングは違うので
一概に今回のTOPどころだけが稼げるというわけでもないです。

海外系アンケートサイト1週間分「単価」ランキングTOP3!


 1位 MySurvey 1週間の合計単価485円!
  海外系の1位は世界のMySurvey、登録している
国内外全アンケート中NO.1の高単価を誇る4850p(485円)を記録しました。
  2位 オピニオンワールド 合計金額390円!
  2位はまさかのオピニオンワールド1週間合計390p「390円」を記録。単純にアンケートの回答のしやすさや稼ぎやすさはMySurveyよりオピニオンのほうが良いです。!
  3位 Toluna 合計金額計測困難!
  3位Tolunaは
1週間合計4000pですが
ちょっとレートの計算が複雑すぎて正確に何円か載せれません。20000Pで750円らしいですが…。

以上、海外系3サイトの結果でした。
さすがに海外系アンケートサイトは高単価が売りだけあって
国内と違いザクザク稼げますね。

ただ、欠点としてはエラーや条件不適合なども起こるところは玉にキズです。
これがあることでせっかくの高単価アンケートも何度逃したことか…。
s1.jpg
いかがだったでしょうか?各アンケートサイトの単価は、
アンケートを始めるうえで最も大事なことです。

なぜなら単価が高ければ高いほど、そして配信数が多ければ
それだけお小遣いを稼ぐことができるので登録する際は
1番はじめに確認するべき重要な部分です。

今回1週間集計しましたが
国内は少しづつ確実に稼げるという印象、
海外は確実ではないが1つ1つが大きく稼げるという印象、

どちらも一長一短あるようですので
これから始める方の参考になれば幸いです。


各ランキングに参加しています。押して頂けたら励みになります。
応援よろしくお願いします。
FC2Blog Ranking

にほんブログ村 小遣いブログ モニター・アンケートモニターへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。